ピックアップ

【視覚とひと】Vol2-1:マルチに活躍し現代を生き抜く成功者が語る「今軸で生きる」方法とは

今軸で生きているから、先の先まで考えることは得意じゃない。 競技かるたの名人とオンライン個別学習塾の代表という二つの顔を持つ粂原圭太郎さんは、テレビ出演や執筆活動もこなし、自身が経営する学習塾もコロナ禍でさらに注目が集まり、競技かるたの世界でも名人としてその座を守り続けている。 そんなマルチに活躍する粂原さんだが、先のことを考えるのは得意ではないと語る。 粂原さんのその華々しい経歴や肩書きからは少し意外ともいえる言葉だが、「今軸で生きる」という生き方は、粂原さんがかるたと向き合う姿勢そのものでもあった。 粂原さんのいう「今軸」で生きるとはいったいどんな生き方なのか。 今回は、粂原さんの「競技か…
Eye Sight
hirokotanaka-osaraikai

【楽しいを見つける達人】前編:60歳を過ぎて英国へ移住した女性の人生の楽しみ方 

第29回おさらい会 田中弘子78歳 ロンドン  「楽しく生活をしていきたいし、していかねばと思いますね。」 故郷を遠く離れた異国の地、イギリスはロンドンで生きる一人の女性がいる。 彼女の名は田中弘子。歳は今年で80歳。 彼女の所作は優美で柔らかく、はんなり京言葉で優しく話す小柄で華奢な女性だが、とにかく元気でパワフル、そして何より人生において「楽しい」を見つける達人なのだ。 彼女がイギリスへ移り住んで、およそ20年。 その長さより、驚くべきは移住した当時の年齢だったのだ。80歳の女性が在英20年・・・ 彼女が第二の人生をイギリスで送ることを決意したのは60歳を過ぎてからだった。 縁もゆかりもな…

“世界から失明を撲滅する” 目を守るため、窪田製薬は開発を進めています!

“世界から失明を撲滅する” というミッションを掲げて、目に関わる創薬、デバイス開発を進めている会社をご存知ですか? 当サイト「Eye Sight」は、もっと日常的に目や視覚について知ってほしい、考えてほしい、大切にいたわってほしいという想いから「視覚」にフォーカスしたメディアとして立ち上げました。 少しでも多くの人に、視覚から得ることのできるありふれた情報が、本当は素晴らしいことだと、再認識してほしい。 そして、そんなきっかけになる情報を「Eye Sight」を通し、窪田製薬ホールディングスが発信しています。 製薬会社というと、研究開発などの専門用語が飛び交い、なんだかとっつきにくいイメージが…

毎日の生活で、「視覚」について考えたことはありますか?

大好きな映画を観ること、SNSチェックすること、恋人とデート先で綺麗な景色を眺めること。 それほどに、目が見える人にとって「視覚」は当たり前に存在しているのです。 しかし、「視覚」は、決して当たり前にあるものではないのです。 現代社会において私たちは目を酷使する機会も多く、目に負担が増える一方です。また、身近な目の病として挙げられる近視は増加の一途を辿っています。 今回は、目が見える人たちの生活にとって、当たり前だけど欠かせない「視覚」についてのお話と、 そんな「視覚」を守るため、「目」を守るためにさまざまな研究開発をしているEye Sight運営会社である窪田製薬について少しお話しさせて頂き…

【ぼやけた世界】前編:画家Philip Barlowが20年間描き続ける美しさ 

画像 Philip Barlow ひたすらに、ぼやけた世界を油絵で描くひとりの画家がいる。 それはまるでピントの合わない、ピンボケ写真のような絵だ。何を描いているのか、わかるようで、わからない。 なんとなくそれが街中なのか、海辺なのか、わかるけど、それがどこなのかハッキリしない。 だけど、どこかなぜか美しい。 彼の絵を見たら、きっとそんな風に思うだろう。 色や光を自在に操り、そんな抽象的な絵を、ひたすらに書き続ける画家、Philip Barlow。 日本でも数年前に話題になった彼の描く世界は、「近視」の人たちが見る世界だと言われることがある。また、彼自身が近視で、その絵は彼の見ている世界だと言…