Eye Sight

【沖縄本島】雨でもインスタ映えする写真が撮れるスポット5選!

日本を代表する観光地であり、1年を通して国内外の様々な場所から観光客が訪れる沖縄。

透き通るような青い海や絶景ビーチなどが人気ですが、自然が見所な分、雨でも観光を楽しめるか不安に思う人は多いでしょう。

そこでこの記事では、沖縄本島の中で雨でもインスタ映えする美しい写真が撮れるスポットや、悪天候でも楽しめる場所を5つ紹介していきます。

沖縄本島への旅行を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【福岡】雨でもインスタ映えする写真が撮れるスポット5選!

沖縄美ら海水族館

世界最大の魚であるジンベイザメや、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが悠々と泳ぐ大水槽はインスタ映え間違いなし!

この投稿をInstagramで見る

海洋博公園・沖縄美ら海水族館(@kaiyohaku_churaumi)がシェアした投稿

沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部にある県内屈指の人気観光スポットです。屋内施設なので悪天候を気にせず楽しめるため、沖縄旅行の際は旅程に組み込みやすいでしょう。

館内では世界最大の魚であるジンベイザメや、大規模なサンゴの飼育展示などを楽しむことが可能です。中でも、容量7,500m3の「黒潮の海」大水槽は圧巻のスケール。

ガイドブックや沖縄旅行のパンフレットの表紙になることが多いため写真で見たことがある人はたくさんいると思いますが、直接見るとその壮大さに圧倒されるものです。

ジンベイザメやナンヨウマンタなど、大型の魚が悠々と泳ぐ姿はインスタ映え間違いなしでしょう。

エリア内には大水槽を正面から眺める専用シートや、ジンベイザメをはじめとする様々な魚たちが頭上を泳ぐ様子を下から眺めることができるアクアルームなどもあるため、とっておきの1枚を撮ることができますよ。

他にも、沖縄の深海を再現したエリアや東シナ海を一望できるオーシャンビューのレストランなどもあり、1日中満喫できるスポットです。

住所:〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

電話: 0980-48-3748

営業時間:8:30~18:30(季節により異なる)

Webサイト:https://churaumi.okinawa/

ブセナ海中公園

雨でも沖縄の海を満喫できる!亜熱帯の色鮮やかな魚たちや美しいサンゴ礁に出会える海中展望塔

ブセナ海中公園は、沖縄本島で唯一の海中展望塔やグラス底ボートを楽しめる、沖縄県北部の名護市にある観光スポットです。

海中展望塔では雨の日でも気軽に海の中を観察できるため、天候に関係なく沖縄の海を楽しめるのが大きな魅力。

海の中にある展望フロアには24面の窓がついており、360°美しい海の中を見渡すことができるようになっています。

海中展望塔で出会える魚の種類は様々で、ディズニー映画『ファインディング・ニモ』で一躍有名になったカクレクマノミや、サンゴがいる海でしか暮らせないハナグロチョウチョウウオなど、珍しい魚に出会うことができますよ。

亜熱帯の色鮮やかな魚たちが自由に泳ぐ様子は、インスタ映え間違いなしでしょう。

悪天候でスノーケリングやダイビングを諦めざるを得ない場合でも沖縄の美しい海を満喫できるため、雨でも沖縄らしい景観を楽しみたい人に非常におすすめのスポットです。

住所:〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1744-1

電話:0980-52-3379

営業時間:9:00~18:00(季節により異なる)

Webサイト:https://www.busena-marinepark.com/

琉球ガラス村

「炎の芸術」とも呼ばれる美しい琉球ガラスを使った作品や、総重量16t、2233枚ものガラスが使われているドームに出会える施設

この投稿をInstagramで見る

琉球ガラス村(@ryukyu_glass_village)がシェアした投稿

琉球ガラス村は、沖縄最南端・糸満市にある県内最大のガラス工房です。

1000℃を超える熱で真っ赤に溶けたガラスが色鮮やかで美しい形に変わることから、「炎の芸術」とも呼ばれる琉球ガラス。施設内では、そんな琉球ガラスが熟練の職人の手によって作られる様子や、作業の際に使う1300℃の窯を見学することが可能で、沖縄が誇る伝統工芸品である琉球ガラスについて、しっかりと理解を深めることができます。

他にも、世界に1つだけしかないオリジナルのガラス作品を手作りできる体験教室や、県内屈指の品揃えとも言われる工房直営のガラスショップもあり、大人も子供も1日中滞在を満喫できますよ。

色彩豊かでおしゃれな琉球ガラスは写真映え間違いなしで、自分へのお土産にはもちろん、友人や家族などにギフトとして贈っても喜ばれるでしょう。

また、ガラスショップのエントランスホールには、赤を基調とした7色のガラスで構成されている「琉球ガラスドーム」があります。

総重量16t、2233枚ものガラスが使われているドームは壮大で美しく、インスタ映え間違いなしの建物です。琉球ガラス村を訪れた際は、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

住所:〒901-0345 沖縄県糸満市字福地169番地

電話:098-997-4784

営業時間:10:00~16:00

Webサイト:https://www.ryukyu-glass.co.jp/

デポアイランド

どこを切り取ってもフォトジェニック!レトロなアメリカの景観やインスタ映えする壁画スポットなどを楽しめるリゾートタウン

デポアイランドは、美浜アメリカンビレッジ内にある、ファッションやグルメなどバラエティに富んだ130の店舗が集結しているリゾートタウンです。

屋根があるスポットが多く、カフェやレストラン内で休憩することができるので、雨の日でも観光しやすい点は大きなメリットでしょう。

周辺にはキャンディカラーの建物やレトロな観覧車、ひと昔前のアメリカを彷彿とさせる雑貨屋などがあり、写真映えするスポットが多く近年注目を集めています。

フォトジェニックな写真が撮れる壁画スポットもあるので、海外リゾートにいるような気分で写真撮影を満喫できますよ。

また、夜は施設全体がライトアップされアメリカのテーマパークのような景観となるため、昼とは違った景色を楽しめるでしょう。

住所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町字美浜9-1

電話:098-926-3322

営業時間:10:00~21:00(ショップにより異なる)

Webサイト:https://www.depot-island.co.jp/

HAMMOCK CAFE LA ISLA(ハンモックカフェ ラ・イスラ)

人気スポット「ウミカジテラス」内にある全席ハンモックのフォトジェニックなカフェ

この投稿をInstagramで見る

【公式】瀬長島ウミカジテラス(@umikajiterrace)がシェアした投稿

ハンモックカフェ ラ・イスラは、那覇空港から車で15分の瀬長島にある、モダンな店舗が集結したスポット「ウミカジテラス」内にある人気のカフェです。

店内にはメキシコのユカタン半島で作った本場の手作りハンモックがいくつも設置されており、リゾート感溢れる内装はインスタ映え間違いなしでしょう。

靴を脱いでリラックスしながらのんびり食事を楽しめるだけでなく、ハンモックは雨風に強いナイロン製のため、強い雨でなければテラス席で海を見ながら食事することもできますよ。

なお、内装だけでなく提供される料理も写真映えする点がこのカフェの大きな魅力。

メキシコ料理をハンモックに揺られながらでも食べやすくアレンジした「トルティーヤロール」や、カラフルなチュロスマンゴーパフェなど、エキゾチックな料理や南国感溢れるメニューを写真に収めることができます。

また、地中海リゾートのように真っ白な建物が特徴のウミカジテラスは、施設全体でフォトジェニックなスポットがとても多い場所。

ラ・イスラを訪れた後に時間があれば、周辺をゆっくり散策してみるのも楽しいでしょう。

住所:〒901-0233 沖縄県豊見城市瀬長174番地6

電話:098-894-6888

営業時間:11:00~21:00

Webサイト:https://www.umikajiterrace.com/profile/la-isla/

記事のまとめ

美しい海や雄大な自然が特徴のため、天候が悪いと観光を満喫できないイメージが強い沖縄。

しかし、水族館や海中展望塔で美しく色鮮やかな魚に出会えたり、フォトジェニックな施設やカフェなどが充実していたりと、天候に左右されず屋内で楽しめるスポットが県内には点在しています。

悪天候でもインスタ映えするスポットを訪れて、視覚的に刺激のあるフォトジェニックな景観を楽しみましょう。

rihokomuto
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。