Eye Sight

思わず目を奪われる雅な時間~能の世界~

majestic green trees on lawn near pond in botanical garden

歌舞伎や狂言と同じく、日本の重要な古典芸能である「能」。

「能」と言うと歌舞伎などのように色鮮やかな化粧や、きらびやかな舞台でもなく、狂言のような世話物的な可笑しさや所作もなく、能面を付け、ただ能舞台の上をすり足でゆっくりと動いていく「静」のイメージが強いのではないでしょうか。

実はその、「静」の中にこそ、様々な「能」の魅力が隠されているのです。

「静」に潜む炎のような「動」が能楽の世界。日本の「わびさび」をじっくりと堪能しましょう。

目を見張る美しさ!華麗なオペラの世界を徹底解説。オペラ初心者におすすめ作品も!

庶民の芸能「猿楽」

和洋問わず、やはり古典芸能を知る上で歴史は外せません。

特に「能」と「狂言」は、「猿楽」と言う大衆芸能から端を発しています。「能」は、平民の身近な芸能から、徐々に庇護を受けて発展した経緯があるのです。

まず、能の源流である「猿楽」から始めましょう。

その歴史は奈良時代までさかのぼります。その頃盛んに中国から渡来した物の中に、「散楽(さんがく)」という芸能があり、それが「猿楽」の源流と言われています。

この「散楽」は、こっけいな芸や物まね、曲芸、奇術など大衆芸能でありました。まさに、狂言がイメージできるものですが、この「散楽」が寺社の余興などから、庶民の間に広まっていきつつ変容を重ね、「猿楽」となります。

「能」は江戸時代まではこの流れを汲み、「猿楽能」などと呼ばれていました。

その「能」をしっかりと芸術に足らしめたのは、室町時代、「観阿弥、世阿弥」親子が登場してからです。

父、観阿弥が生んだ「新たな芸術」を「大成した」息子、世阿弥

父の観阿弥は、それまでの物まね芸であった猿楽に、曲舞(くせまい)と語りの音曲の舞を組み入れ、新たな芸能を創作します。

「卒都婆小町(そとばこまち)」や「自然居士(じねんこじ)」は、現代でもポピュラーな謡曲で、観阿弥の代表作です。

観阿弥が新しい能楽の芸術を生み出したのなら、その子、世阿弥は、父の芸能を継承し、さらに能のレベルアップを図った、いわば「能芸術の大成者」です。

将軍、足利義満や二条良基ら、時の権力者たちのバックアップを得たことは有名で、後ろ盾を得た世阿弥は、ライバルの芸を取り入れつつ、「幽玄の美学」を提唱。

それによる「複式夢幻能」の様式を確立しました。代表作の「井筒」など、50曲以上の作品を創作した能作家でもあり、これらの作品は、今でもほぼ当時のままのセリフで上演されています。

五感をフル回転!想像力で観る舞台

実際に能を鑑賞するのには、何が必要なのでしょうか?特に何もいりません。

能舞台は、もともと野外だったこともあり、緞帳(どんちょう)はありません。

舞台の材料こそ、高級建材の「ひのき」を使用していますが、作りも簡素で、実際に演技や演奏をする四角い「本舞台」と、その後ろに囃(はやし)方が座る「後座」、サイドに謡が座る「地謡座(じうたいざ)」 、そして控えとなる「鏡座(かがみざ)」への通路である細長い廊下の「橋掛かり」と、柄杓のような形をしています。

特に照明を使うということもなく、ほぼ地舞台での演技は何を表すのでしょうか。

実は、簡素である理由にこそ、「能」の美学が詰め込まれているのです。

そしてその美学には、観客の視覚をも含まれています。それが「能」を観るのに唯一、必要なもの、「想像力」なのです。

「想像力で観るなんて、難しい!」と身構えないでください。そのために「能」の舞台には何もないのです。

観る方が絵を創る「仕舞い(しまい)」の舞台

例えば、「仕舞(しまい) 」と言う演目があります。

これは面や衣装を着けず、裃(かみしも)だけで演じるもので、囃子は入らず、4人前後の地謡だけで舞います。

この舞の内容には、通常の演目と同じく男女問わず、人数問わず、物語に必要な人物たちが登場しますが、当然舞台上には誰も現れません。

それは、観る方も想像力を駆使して観てほしいという参加型舞台へのお誘いなのです。

不思議なもので、誘われるままに集中して観ていると、不思議と芝居が観えてくるのも「能」の面白さです。

例えば「薪能」と言う野外で能を楽しむ行事などでは、正に五感を駆使して「能」を楽しむ趣向が人気です。

宵闇の篝に火を入れる「火入れ式」が始まると、闇の中に舞台が浮き上がり、森や土の匂い、炎の揺らぎと共に、それこそ幽玄の世界が広がっていくのです。

何も考えなくても、自然と五感が感じ始める、それが「能」の魅力です。

表情を見破る。能面の芸術

masks

「能」を代表する装束は、やはり「能面」でしょう。

能面の基本型は、約60種。そこから派生して、現在では二百数十種あるといわれています。

世界中にある「仮面劇」ですが、どの国でも、仮面をつけることは、化粧と同じように人を変えていく力があると言われています。

能面の役割

能面も同様に、人物を変えて行く小道具であり、それ以上に大切なこととして、能面をつけた役者に一種のパワーを与える、スピリチュアル的な要素があると言われています。

能面は、「おもて」といわれ、曲の位を支配するほど能楽師にとって重要なものなのです。

興味深いのは、能面は実在の人間を表す場合にも使われることです。つまり、一般的に顔が知られている人物を演じる時も面をつけ、現実感を無くすのです。

「役者が主」ではなく、あくまで「面が主」と言うことですが、これは、能の演劇表現に理由があります。

基本、能は「幽玄美」の世界です。

能の「幽玄美」は、幽霊や鬼、この世のものでは無い者に変身してしまった人間など、非現実的な登場人物が主役であり、その際物(きわもの)たちを現実的な描写ではなく、儚く美しく描きます。

そこには具体的な顔の表情変化や、衰えの醜さなどは必要ではありません。

そのため「能面」が必要なのです。また演目によって使用する面を決めるのはシテ(演者)に一任されています。そういう意味では、シテと能面の相性も重要となっているようです。

「作り物」が「生き物」になる能面の秘密

能面の表情は「中間表現」と呼ばれ、喜怒哀楽がありません。

しかし、観ている方には感情が感じられるのはなぜでしょうか。ここにも「能」を楽しむ秘密が隠されています。

能面の感情表現でよく知られているのが、「テル」と「クモル」です。

顔をやや上に向けると笑っているように見え、これを「テラス」といいます。逆に顔をやや伏せると泣いているように見え、これを「クモラス」と言うのです。

もうお分かりかと思いますが、能面は能楽師の力量が重要なのです。

ほんの僅かな動きで感情の機微を表す。どの表情なのかを見破る。観ている方の楽しみでもありますね。

因みに能面の種類は、猿楽時代から付けられていたとされている古い面「翁」。

老女を表す「尉(じよう)」、黒髪を真ん中で分けた、最もポピュラーな面「女面」。

「男面」、「鬼神」、「怨霊(おんりょう)」などがあります。

初心者にもなじみやすいお勧め3選をご紹介

とは言え、やはり少しでも内容が分かった方が安心して楽しめますよね。

能は歌舞伎の題材にもなっており、意外と知られている演目も多いですが、ここでは初心者にもわかりやすい演目を3つ、ご紹介しましょう。

「葵上」世阿弥作

「源氏物語」で御馴染みの御息所のお話です。

題名が「葵上」とありますが、実際に登場はせず、舞台正面に置かれている1枚の小袖で表されています。

鬼となった御息所は元皇太子妃と言うことで、高貴さを失わない表現が必要とされています。

またこの作品には、『源氏物語』らしい雰囲気を醸し出すための仕掛けが施されており、御息所が葵上へを妬む原因となった、「賀茂の祭の車争(くるまあらそ)い」を反映して、御息所が破れ車に乗って登場します。

「卒塔婆小町」観阿弥作

高野山の僧の一行が、一人の老婆に出会ったお話です。

その老婆が絶世の美女だった「小野小町」の成れの果てであったことから、この題名がついています。

老女物五曲(「関寺小町」「檜垣」「姨捨」「鸚鵡小町」「卒都婆小町」)の一つです。

生けるものすべてに訪れる「老い」をテーマに、人生の根幹を考えさせるような物語が組み立てられており、最終的には深草少将を苦しめた後悔から狂乱するなど、静かな進行が多い作品の中でも、「卒塔婆小町」は変化に富み、初めて見る人にも見やすい演目となっています。

「隅田川」観世元清作

人買いにさらわれた我が子を探して隅田川にやってきた狂女と船頭の話。

「女物狂」と呼ばれ、「桜川」「百万」「班女」など同様の女性を主人公とする一連の作品は、「狂女物」と言われています。

狂女物の話は大抵、子どもや夫など愛する者と引き離された女が一時的に狂ってしまいますが、最後にはその相手に再会して正気に戻るというハッピーエンドのものが大半ですが、「隅田川」は、それもかなわず幻にまみえるだけの、悲劇の「物狂能」と言われています。

この話には逸話があり、終曲の子供の幻に会う場面で、幻を母の演技だけで表現しようとする世阿弥と、子方を出そうとする作者元雅の間で意見が分かれ、二通りの演出で上演されたと言われています。

まとめ:時計の針を止めて楽しみたい和の芸術

ドラマや映画でも、心情的な内容を表す場面で「能」は良く登場します。

それだけ「能」の舞台は、「観るものに語りかける」イメージがあるのでしょう。

確かに少しだけ難しいと躊躇するかもしれません。

しかし、逆に何も知らずに、ただ観客席に座った時点で、あなたも「能」の世界の住人なのです。

時にはただ感性を開いて「雅」な世に視線をあずけ、感性で堪能するのも心地よいのでは?

いざ能楽堂の扉を開けて、あなただけの「幽玄の世界」へ。

rihokomuto
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。