Eye Sight

【神奈川県・鎌倉:小田原:箱根】雨の日もSNS映えする写真が撮れるスポット5選!

山や海などの豊かな自然を楽しめるエリアや、歴史文化を感じられるスポットなど、多彩な魅力に溢れる神奈川県。

みなとみらいや中華街を有する横浜だけでなく、鎌倉や小田原・箱根なども有名で、県内外から多くの人が訪れています。

しかし、鎌倉や箱根などは特に自然を感じられるスポットが人気のため、「悪天候でも滞在を楽しめるのか…」と不安に思う人もいるでしょう。

そこでこの記事では、神奈川県の中でも鎌倉や小田原・箱根などのエリアに焦点を当て、雨でも美しい景観を楽しめるおすすめのスポットを5つ紹介していきます。

「天候に左右されず神奈川旅行を満喫したい」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

【神奈川県・横浜】雨でもインスタ映えする写真が撮れるスポット5選!

明月院(あじさい寺)

「明月院ブルー」で知られるあじさいの名所!後庭園の花菖蒲や「悟りの窓」も人気

明月院は、北鎌倉駅から徒歩10分のところに位置する、鎌倉随一のあじさいの名所として知られるお寺です。

参道に咲き乱れる数千本のあじさいは「明月院ブルー」と呼ばれて人気を集めており、毎年シーズンにはフォトジェニックな景観を見ようと多くの人が訪れています。

境内にあるほとんどのあじさいは、「ヒメアジサイ」という品種のもの。

薄い水色から濃い青へと日ごとに移り変わっていくため、訪れるタイミングによって違った景色を眺めることができますよ。また、雨の日でも水滴が滴る様子が美しく、天候に左右されず景観を楽しめる点も魅力でしょう。

なお、「あじさい寺」と呼ばれていることからあじさいだけが注目されがちな明月院ですが、本堂裏の後庭園にある約3,000株の花菖蒲も見所の1つ。

後庭園は通常は非公開なものの、花菖蒲の開花期と紅葉期には公開されるため、タイミングが合えばぜひ訪れたいスポットです。

また、あじさいと並んで明月院のシンボルとも言われているのが、本堂「方丈」にある丸窓「悟りの窓」です。

綺麗な円形の窓から、後庭園の公開時は美しい木々や紅葉などの自然の景観を臨むことができ、その絵画のような絶景はインスタ映え間違いなしですよ。

境内の中には美しい景観を眺めながら抹茶や和菓子を楽しめる喫茶「月笑軒」もあるので、歩き疲れたり雨がひどくなったりした時でも安心です。

落ち着いた雰囲気の中自然の絶景を楽しめる明月院を、ぜひ訪れてみてくださいね。

住所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189

電話:0467-24-3437

営業時間:9:00~16:00 ※6月は8:30〜17:00

Webサイト:https://www.trip-kamakura.com/place/230.html

新江ノ島水族館

20,000匹の魚たちが回遊する大水槽や、ユニークなショーが人気の湘南海岸公園にある水族館

新江ノ島水族感は、藤沢市の湘南海岸公園にある2004年にオープンした人気の水族館です。

相模湾と太平洋、またそこにくらす生物をテーマにしており、海の環境や生き物を楽しみながら学べる展示を行っている点が大きな特徴。

また、江ノ島はもちろん富士山も見渡せるというロケーションの良さも人気で、全国から多くの観光客が訪れています。

館内に入るとまず現れるのが、必見の展示の1つである「相模湾大水槽」です。

水族館の目の前にある相模湾の環境にできるだけ近づけるため造波装置が設置されており、波の中で雄大に泳ぐ魚たちや沖の様子がリアルに再現されています。

なお、大水槽内では実に20,000匹の魚たちが回遊していますが、中でも8,000匹のマイワシの群れは最大の見所です。

銀色に輝きながらうねり泳ぐ姿は圧巻の一言で、インスタ映え間違いなしの景色を楽しめるでしょう。

また、新江ノ島水族館は展示だけでなくショーが充実している点も大きな特徴。迫力満点のイルカ・アシカショー「きずな/kizuna」や、相模湾大水槽内でボンベを付けたトリーターがエイやウツボなどと触れ合う「uogokoro (うおゴコロ)」など、個性的なショーを楽しむことができますよ。

様々なショーの中でもインスタ映えを狙う人にぜひチェックしてみてほしいのが、世界初の3Dプロジェクションマッピングクラゲショーである「海月の宇宙(そら)」です。

クラゲの展示エリアである「クラゲファンタジーホール」が潜水艦に見たてられ、幻想的に彩られたクラゲの海をじっくり堪能することができます。神秘的に輝くフォトジェニックなクラゲの姿は、まさにここでしか見られない絶景でしょう。

他にも、カピバラやウミガメと触れ合えたり、機械遺産に認定された有人潜水調査船「しんかい2000」を見学できたりと、様々な楽しみ方ができる新江ノ島水族館。

ほとんどのエリアが屋内にあるため、悪天候でも十分滞在を楽しめるでしょう。

住所:〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

電話:0466-29-9960

営業時間:9:00~17:00(季節によって異なる)

※新型コロナウイルスの影響で一部ショーが中止になる可能性があるため、必ずホームページでスケジュールを確認してください。

Webサイト:https://www.enosui.com/

鎌倉文学館

鎌倉ゆかりの文学者たちの資料が展示されているレトロな外観が特徴の文学館!美しいバラ園も必見

この投稿をInstagramで見る

鎌倉文学館(@kamakurabungakukan)がシェアした投稿

鎌倉文学館は、夏目漱石や川端康成など、鎌倉ゆかりの文学者たちの直筆原稿や愛用品などが展示されている資料館です。

本館は国の登録有形文化財となっている「旧前田侯爵家」の別邸で、レトロで格調高い雰囲気の外観はとてもフォトジェニックですよ。

館内は洋風建築の中にうまく和テイストを組み合わせたスタイリッシュな内装が特徴で、クラシックな照明やステンドグラスなどの装飾にも目を引きつけられます。

文学者たちの貴重な展示はもちろん見所ですが、館内を歩いて見て回るだけでも十分楽しむことができるでしょう。

また、鎌倉文学館は美しいバラ園があることでも有名。庭園の南側に600㎡ほどの広大なバラ園があり、鎌倉ゆかりの名前が付いた品種やフランス・ドイツの品種など、約200種250株の色鮮やかなバラを楽しむことができます。

屋外の庭園ということで雨でも見学を楽しめるか不安な人もいると思いますが、水滴が滴るバラは非常に美しく、雨ならではの景観を堪能するのもいいですよ。

春のバラは5月中旬から6月下旬、秋のバラは10月中旬から11月下旬が見頃なので、タイミングを合わせてぜひバラ園にも足を運んてみてくださいね。

住所:〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3 

電話:0467-23-3911

営業時間:9:00~16:30(最終入館16:00)10月~2月

        9:00~17:00(最終入館16:30)3月~9月

Webサイト:http://www.kamakurabungaku.com/index.html

小田原城

実はあじさいの名所としても有名!忍者体験ができるスポットや文化館などの屋内施設が多く、雨でも楽しめる点も特徴

小田原城は、北条氏の本拠地として有名な、戦国時代から江戸時代にかけて栄えた巨大要塞です。

皇居を除けば東京から最も近い近世城郭で、JR小田原駅からも徒歩10分ほどと公共交通機関でのアクセスもしやすく、連日多くの人が訪れています。

屋外のスポットのため雨でも楽しめるか心配な人は多いと思いますが、実はあじさいの名所としても有名で、シーズンには約2,000株のあじさいに出会うことができます。

城壁や城門などをバックに色とりどりに咲き誇るあじさいはとても美しく、雨の日ならではのフォトジェニックな景観を満喫できるでしょう。

また、例年あじさいと花菖蒲が見頃を迎える6月初旬〜中旬に「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が開催され、野外コンサートなどのイベントが催されます。

夜間にはあじさいのライトアップが行われ昼間とは違った幻想的な景色を楽しむことができるので、ぜひタイミングを合わせて訪れてみてくださいね。

なお、園内には雨天でも満喫できる屋内施設が充実しているのも小田原城の特徴の1つ。

触れたり動かしたりできるアイテムを使って忍者体験ができる「小田原城歴史見聞館 NINJA館」や、小田原に関する豊富な資料が展示されている「小田原市郷土文化館」など、天候に左右されず楽しめる施設が多いですよ。

雨でもさまざまな楽しみ方ができる小田原城を、ぜひ訪問してみてくださいね。

住所:〒250-0014  神奈川県小田原市城内6-1

電話:0465-22-3818

営業時間:9:00~17:00

Webサイト:https://odawaracastle.com/

星の王子さまミュージアム

名作『星の王子さま』の世界観を精巧に再現したミュージアム!南フランスをイメージした可愛らしいレストランも人気

この投稿をInstagramで見る

星の王子さまミュージアム公式(@hoshimuseumtbs)がシェアした投稿

フランス人小説家「アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ」の小説である『星の王子さま』は、世界200ヵ国で愛されている不朽の名作。

そんな『星の王子さま』の世界観を存分に満喫することができる施設として1999年にオープンしたのが、小田原駅からバスで50分の箱根エリアにある「星の王子さまミュージアム」です。

童話をモチーフにした施設内は、フランスの街並みや庭園がよく再現されており、フォトジェニックなスポットが点在しています。

クラシックな家々やサン=テグジュペリが幼少期に暮らしていたとされる「サン=モーリス・ド・レマンス城」を再現したお城などは、雨の日には霧が立ち込め、幻想的な雰囲気を満喫できますよ。

もちろん、屋内施設である展示ホールや映像ホールにもたくさんの見所があります。

サン=テグジュペリの生家や『星の王子さま』が生み出されたニューヨークのアパート、サン=テグジュペリの生涯などが紹介された約15分間の映像など、『星の王子さま』ファンの人はもちろん、そうでない人も楽しめる展示が豊富に用意されています。

また、南フランスをイメージした可愛らしい店内が特徴のレストラン「レストラン ル プチ・フランス」もぜひ訪れたいスポットです。

店内には『星の王子さま』をイメージしたインテリアや調度品が配されており、世界観に浸りながら食事を楽しめますよ。

レストランで食べられるメニューももちろん『星の王子さま』の世界をモチーフにしており、小惑星の火山で料理する王子さまをイメージした「小惑星(ほし)の火山のデミグラスハンバーグ」や、コインに見立てたジャガイモが特徴的な「実業屋のディナー 仔牛のオルロフ風」など、インスタ映えするメニューを満喫できるでしょう。

箱根の自然の中で名作の世界に浸れる星の王子さまミュージアムに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

住所:〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909

電話:0460-86-3700

営業時間:10:00~18:00(最終入園17:00)

Webサイト:http://www.tbs.co.jp/l-prince/

まとめ

海や山などの自然、歴史溢れるスポットなどが豊富で、県内外から多くの観光客が訪れる鎌倉や小田原・箱根エリア。

都心からのアクセスもいいため都内や横浜から出かける人も多いと思いますが、屋外に観光地が多いイメージがあり、「雨だと滞在を満喫できないのでは…」と不安に思う人もいるでしょう。

しかし、鎌倉や小田原・箱根には、雨の日ならではの美しい自然を楽しめる寺院や城郭、フォトジェニックな外観や内装を楽しめる美術館など、悪天候でも映える写真を撮れるスポットが点在しています。

雨の日でも美しい景色に出会えるスポットを訪れ、鎌倉や小田原周辺での滞在を満喫しましょう。

rihokomuto
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。