Eye Sight

【東京】雨でもインスタ映えする写真が撮れるスポット5選!

日本の降水量は世界平均の約2倍のため、せっかくの休日が雨となってしまい、お出かけの予定を変更した経験がある人は多いでしょう。

しかし、大都市である東京には全天候型の施設が充実しており、中には一度見たら忘れられないような、視覚的に刺激のある景観を楽しめる屋内スポットが点在しています。

そこでこの記事では、都内の中で雨でもインスタ映えする美しい写真を撮れたり、面白い景観を楽しめたりする人気のスポットを5つ紹介していきます。

【福島県】雨でもインスタ映えする写真が撮れるスポット5選!

【お台場】東京トリックアート迷宮館

見るだけでなくアートとのコラボレーションも楽しめる美術館

東京トリックアート迷宮館は、お台場の「デックス東京ビーチシーサイドモール」の4Fにある、目の錯覚を利用した様々なアートが展示されている不思議な美術館です。

見ているだけでも楽しめる作品がたくさん展示されていますが、数々のトリックアートと一緒にインスタ映えする面白い写真を撮れる点もこの美術館の大きな魅力。

トリックアートの名作はもちろん、江戸をテーマにした和テイストのトリックアートも楽しめるため、1日中飽きずに過ごすことができますよ。

様々なトリックアートの名作が展示されている「名作エリア」では、リアルテイストで描かれた飛び出す白くまやペンギン、断崖絶壁の下で待ち受けるサメなど、一緒に写真を撮ればインスタ映えすること間違いなしのユニークな作品に出会うことができます。

また、「江戸エリア」にはクスッと笑えるようなアートが多いため、見る人を楽しませるような面白い写真を撮ることができるでしょう。

家族や恋人、友達などと訪れ、ぜひインスタ映えを狙った1枚を撮ってみてくださいね。

住所:〒135-0091 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール4F

電話:公式ホームページに掲載なし(お問い合わせフォームはあり)

営業時間:11:00~21:00(季節により異なる)

Webサイト:https://www.trickart.info/

【池袋】サンシャイン水族館

飛んでいるように泳ぐペンギンや無数に浮かぶ美しいクラゲに出会える都会にあるオアシス

サンシャイン水族館は、都会のオアシスと呼ばれる池袋の複合商業施設「サンシャインシティ」の屋上にある人気の水族館です。

東京メトロ有楽町線の東池袋駅6・7番出口より地下通路で徒歩約3分のため、雨に濡れる心配をせず簡単にアクセスできますよ。

館内には様々な見所がありますが、中でも人気を集めているのが屋外エリアである「マリンガーデン」。

都会のビルの高層に位置しているという立地を活かし、ビル群の上空を飛んでいるように泳ぐペンギンやアシカの姿を見られる話題のスポットです。

エリアは屋外ですが屋根がある場所が多く、傘を持ちながら移動することもできるので、ひどい雨でない限りは十分楽しむことができますよ。

また、美しい写真を撮りたい人におすすめなのが、クラゲ展示エリアである海月空感(くらげくうかん)です。

照明や音だけではなく、水槽の形状や水流などを含めた空間全体にこだわっているエリアで、海中散歩をしているような気分でゆったりとクラゲを観察することができます。

暗い海の中に無数のクラゲが浮かんでいるような神秘的な景観はインスタ映え間違いなしなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

住所:〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 屋上

電話:03-3989-3466

営業時間:10:00~18:00(季節により異なる)

Webサイト:https://sunshinecity.jp/aquarium/

【池袋】SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

神秘的で美しい景観や新感覚の写真が撮れるスポットで話題の体験型展望台

SKY CIRCUSサンシャイン60展望台は、サンシャイン水族館と同じく「サンシャインシティ」内にある海抜251mの展望台です。

「見るだけの展望台から体験型展望台へ」をキャッチフレーズとしており、雨でも美しい景観やユニークなアトラクションを楽しむことができる人気のスポットとなっています。

様々なコンテンツがある中でも写真好きの人におすすめしたいのが、巨大な万華鏡のようなトンネルである「無限スケープ」。

施設内では360度鏡と映像で満たされた不思議な空間を体験することが可能で、花々や木々などの日本の四季を表す映像や、幾何学模様などを楽しむことができます。

神秘的で美しい映像がどんどん移り変わるトンネル内で、インスタ映え間違いなしの写真を撮れるでしょう。

また、ボーダー状のモザイクミラーの効果で、外と中の景色が上下左右反転して映り込んだ写真が撮れる、「モザイクSKY」も見所の一つ。

まさにここでしか撮ることのできない新感覚の写真が撮れるため、悪天候で屋外の眺めが良くない時でも、十分楽しむことができますよ。

住所:〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60F

電話:03-3989-3457

営業時間:10:00~20:00

Webサイト:https://sunshinecity.jp/observatory/ticket/

【水道橋】宇宙ミュージアム TeNQ

最新技術を駆使した演出や新感覚のシアターが話題の体験型宇宙ミュージアム

「東京ドームシティ」敷地内にある宇宙ミュージアム TeNQは、宇宙からインスピレーションを受けたカルチャーや、圧倒的な宇宙空間を楽しめる体験型の宇宙ミュージアムです。

プロジェクションマッピングによる映像での演出や、宇宙をモチーフにした絵画を楽しめるギャラリーなど様々なものがあり、神秘的かつ刺激的な空間を1日中満喫することができます。

9つの個性的なエリアがある中でも特に人気なのが、直径11mの大きな穴が開いたシアター空間である「シアター宙(ソラ)」。

宇宙を覗き込む感覚で映像を見られる新感覚のシアターで、足元にまで映像が流れ込むため浮遊感や臨場感を体感できます。

国際宇宙ステーション(ISS)から見た地球の実写や、最新の技術を駆使した鮮明な映像は美しく、インスタ映え間違いなしの写真を撮ることができますよ。

住所:〒112-0004  東京都文京区後楽1-3-61 黄色いビル 6F

電話:03-3814-0109

営業時間:11:00~21:00(土日祝と特定日は10:00〜21:00)

Webサイト:https://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/

【夢の島】夢の島熱帯植物館

アマゾン川流域の熱帯植物や小笠原諸島固有の珍しい植物などに出会えるエキゾチックな植物館

この投稿をInstagramで見る

夢の島熱帯植物館(@yumenetsu)がシェアした投稿

夢の島熱帯植物館は、都立「夢の島公園」にある、ドームを3つ重ねたような特徴的な外観をしている屋内型の植物園です。

メインとなる大温室は熱帯雨林の環境をモデルとして造られており、東南アジアやアマゾン川流域などをふるさとにしている様々な熱帯植物を観察することが可能です。

南国を思わせるヤシの木や小笠原諸島固有の珍しい植物なども多く、東京にいながらインスタ映えするエキゾチックな風景を撮影することができますよ。

また、映像ホールや情報ギャラリーなど、熱帯植物について知識を得られる場も多く、楽しみながら植物についてしっかり学べる点も大きな魅力です。

併設の緑に囲まれたカフェも居心地が良く、悪天候の日でも屋内でゆったりとした1日を過ごすことができるでしょう。

住所:〒136-0081 東京都江東区夢の島2丁目1−2

電話:03-3522-0281

営業時間:9:30~17:00

Webサイト:https://www.yumenoshima.jp/

記事のまとめ

世界各国の中でも、雨の日が多めである日本。

せっかくの休日が雨だと屋外で美しい景観に出会うことは難しく、ついガッカリしてしまう人は多いでしょう。

しかし、様々なエンターテインメントに溢れる東京は、雨でも刺激的な写真を撮れる体験型の施設や、博物館・美術館などがとても充実しています。

悪天候でもインスタ映えする東京の人気スポットを訪れて、視覚的に刺激のある景色を楽しみましょう。

rihokomuto
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。