Eye Sight

大人にも子供にも!絶景を楽しめるおすすめのビジュアル図鑑5選

kids reading a book

コロナ禍の自粛ムードで旅行にも行くことができず、閉塞感を感じている方は多いのではないでしょうか。

特に10代のお子様がいる親御様であれば、「もっと色々な景色を見せてあげたい」という思いはひとしおのはず。

そんなとき絶景が楽しめるビジュアル図鑑があれば、視覚的なリアリティによって、実際には行っていない景色や場所をまるでその場にいるような感覚で追体験できます。

本記事では大人から子供まで、全世代が美しい絶景を楽しめるおすすめのビジュアル図鑑を5冊厳選しました。

現地に行くことが難しい今だからこそ、目で見る楽しみを存分に味わいましょう。

『理科が楽しくなる大自然のふしぎ 絶景ビジュアル図鑑』

『理科が楽しくなる大自然のふしぎ 絶景ビジュアル図鑑』Amazon商品ページ

『理科が楽しくなる大自然のふしぎ 絶景ビジュアル図鑑』は、さまざまな自然現象を大迫力のビジュアルとともに解説してくれる図鑑です。

掲載されている絶景奇景はなんと100以上。常識をはるかに超えたふしぎな光景が、読者の好奇心をくすぐります。

さらに絶景写真からページをめくると、その自然現象の成り立ちや仕組みがわかりやすく図解されており、楽しみながら科学的な知識を身につけることが可能です。絶景を見て、知って、二重の感動を味わえる贅沢な図鑑といえるでしょう。

図鑑内で紹介される自然現象は次の5ジャンルに大別できます。

  • 大地
  • 宇宙
  • 気象
  • 生き物

煮えたぎるマグマ、美しいオーロラ、神秘的な塩湖、めったに見られない竜巻や砂漠にあらわれる花のじゅうたんなど、世界中のさまざまな絶景をおうちの中で楽しめます。

内容は小学生の理科の授業に沿っており、解説にはふりがなもついているためお子様の学習用としてぴったり。もちろん大人が読んでも楽しめるので、親子で一緒に世界一周旅行をしている気分が味わえるでしょう。

紹介される絶景は、世界地図で位置を確認することもできるため、世界の名所をより身近に感じるきっかけになるかもしれません。視覚的な興味をきっかけに、より深く世界を知れるおすすめのビジュアル図鑑です。

『一度見たら忘れない奇跡の建物』

『一度見たら忘れない奇跡の建物』Amazon商品ページ

世界中の建築家たちが設計した変わっているけど美しい建築物を紹介する『一度見たら忘れない奇跡の建物』。

独創的なデザインの100物件がピックアップされており、わくわくしながら楽しめるビジュアル図鑑です。

息をのむほどきれいで幻想的な写真は、それ自体がまるでアート作品のようでもあります。

またそれぞれの建築物がつくられた背景や、時代の最先端をゆく建築家がシンプルかつわかりやすい文章で紹介されているため、建築入門書としても最適でしょう。

紹介される建築物のジャンルは次のようにバリエーション豊か。

  • 美術館・博物館
  • ホテル
  • 駅・空港
  • スタジアム
  • 商業ビル・オフィスビル
  • 学校・宗教建築
  • 家・集合住宅

旅行者・宿泊者のためにエンターテイメント性を追求した駅やホテル、居心地のよい空間を目指す図書館、観客の熱狂をかきたてるスタジアムなど、デザインの意図も多種多様です。

読み進めていくうちに、それらの建築物はただ美しいだけでなく、社会や人々の営みを巧みに反映しているのだと気付かされます。

そのことを視覚的なデザインを通して読み取ることで、いつもの何気ない日常に対しても、新たな発見があるかもしれません。

『世界の路地』

『世界の路地』Amazon商品ページ

『世界の路地』は世界遺産などの有名な観光スポットではなく、世界の町々の「路地」の写真が掲載されたユニークな着眼点のビジュアル図鑑です。

大通りからちょっと外れて、あまり知られていない魅力的な異国の景色を冒険していくような、臨場感あふれる感覚を疑似体験できるでしょう。

その国ならではの歴史・文化・美意識がナチュラルに溶けこんだ住宅地、人々の生活ぶりを感じさせる洗濯物、突如として目の前にあらわれる美しい草花、おだやかな日常を過ごす子どもや老人などなど。

ひとつひとつの写真には視覚的な情報がいくつもつまっており、豊かなストーリーを喚起させてくれます。そのためずっと眺めていても、見飽きることがありません。

またかわいらしいヨーロッパの路地から、エキゾチックなアジアの路地まで、撮影場所の振り幅が広いのも嬉しいポイント。

今まで知らなかった、あるいは興味がなかった国に好奇心を抱くきっかけになるでしょう。

あえてスポットライトが当てられることの少ない「路地」に目を向けることで、何気ない日常から面白さを見つけ出す、そんな観察眼を養えるかもしれません。

『世界で一番美しい海のいきもの図鑑』

『世界で一番美しい海のいきもの図鑑』Amazon商品ページ

美しい絶景は地上だけでなく、広大で深淵な海のなかにも広がっています。

『世界で一番美しい海のいきもの図鑑』は、その道40年の海洋写真家が撮影した海のいきものたちの神秘的な写真を、375点も収録したビジュアル図鑑。

写真は形・色・浮遊・顔・発光・戦略・擬態・華・群れ・棲む・営み・継ぐ・遭遇という13のテーマ別に並べられており、体長わずか5ミリの小さなクラゲから大迫力のクジラまで壮大なスケール感を楽しめます。

それぞれの写真の背景には、光のグラデーションが神秘的な海中の青か、深海を彷彿とさせる黒のどちらかが使われているのも特徴的。

前者であればまるで自分も海にもぐっているかのようなライブ感を味わえるでしょう。一方、後者なら海のいきものならではのユニークな色や形をじっくりと観察できます。

また写真に添えられた簡潔な文章はどれも撮影者自身によって書かれたもの。実際にその目で見た人にしか書けない、臨場感たっぷりの筆致は読みごたえ抜群です。

いきものたちの生態に関する興味深いエピソードにも触れられており、楽しみながら海中生物について学ぶことができます。

全ページにわたり、普通に生活をしているだけでは持つことのできない「視点」が満載で、見ることの楽しさを実感できる一冊といえるでしょう。

『ビジュアル銀河大図鑑』

『ビジュアル銀河大図鑑』Amazon商品ページ

『ビジュアル銀河大図鑑』は大迫力のビジュアルとともに、宇宙の魅力を解説してくれる本格的な宇宙図鑑。

鮮明な写真・イメージ・イラストによって、ページをめくるだけで果てしない宇宙が目の前に広がっていくような視覚体験を味わえます。

著者は国際宇宙ステーションの船長を歴任したカナダ人初の宇宙飛行士で、世界的な知名度を誇るクリス・ハドフィールドです。

臨場感のあるわかりやすい解説によって、さまざまな宇宙の不思議が解き明かされていくのも本書の醍醐味のひとつ。

さらに肉眼でとらえらることのできない宇宙の現象をどのように観測するのか、という点もくわしく明かされていて「見ること」の定義が広がります。

天の川銀河のこれまでとこれから、太陽系やその外側にも広がる惑星の数々、謎に満ちたブラックホールなど、ボリューム満点のトピックが詰めこまれているため、わくわくしながら宇宙についての学びを深められるでしょう。

もちろん文字を追わずにビジュアルを眺めるだけでも十分に楽しむことができ、小学生から大人まで、知識や興味の違う幅広い層が楽しめます。

知識よりもまず先に視覚的な感動を知ることが、好奇心を育むうえでも絶好の機会になるかもしれません。

繰り返しページをめくることで新しい発見が得られることもあるはず。おすすめです。

まとめ:視覚から得られる刺激が日常を変える

人間の5感のなかでも、視覚は世界のリアリティを感じるために、最も重要な感覚のひとつです。

そのため視覚情報を存分に楽しめるビジュアル図鑑であれば、家にいながらにして絶景から得られる感動を味わうことができます。

自粛ムードに退屈さやストレスを感じているお子様も、刺激的な時間をすごすことができるでしょう。自然に触れ合う機会を得ることが難しい今の状況にもぴったりです。さらに新たな知識・景色にふれることで、好奇心を広げるきっかけにもなり得ます。

本記事の内容を参考に、ぜひビジュアル図鑑で絶景を堪能してみてくださいね。

rihokomuto
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。